目的は重要情報|ISO27001を習得して安全を謳う企業に成長

ISO27001を習得して安全を謳う企業に成長

女の人

目的は重要情報

男女

インターネットの利用が当たり前な現代では、ビジネスでもインターネットを介することが日常茶飯事であり、インターネットが止まると現代のビジネスは止まると言われている。様々な重要な情報がコンマ秒単位でやりとりされているインターネットの中ではセキュリティに関しても必要以上に臆病になる必要があり、インターネットの世界では臆病こそが賢いと言われるほどである。企業にとってはインターネット無くしてはビジネスが出来ないという状況と、インターネットに接続するとセキュリティリスクが高まるという状況があり、基本的にはセキュリティを高めて対応するという手段しか残されていない。インターネットを利用した攻撃には幾つか種類があるが、まず一般的に行われる攻撃として標的型サイバー攻撃がある。最もポピュラーな攻撃であり、攻撃の仕方は様々であるが重要情報の最終入手が目的となっている場合が多い。重要情報とは一般的には社外秘密な文章やIDやPASSなどが含まれていて、これら情報の入手を目的としているため、長期的でしつこい攻撃をするという特徴もある。標的型サイバー攻撃の代表的な攻撃の仕方としては例えば社員のふりをして直接PCにウイルスを感染させるなどの大胆的な攻撃もあれば、匠に外部から操作し、ウイルスを送り込むという方法、更にSQLインジェクションなどのようにデータベースの特性を活かして不正な挙動を誘発させたりする等がある。いずれも重要情報をゲットするまでは何度も行われ、実はライバル企業の犯行だったというケースも少なくない。標的型サイバー攻撃に対応するためにはまずWAFなどのファイヤーウォールを導入して、外部からの攻撃を出来る限り抑える事が重要になってくる。愉快犯ではないため、一度インシデントが起きれば瞬く間に重要情報は流出する事になり、インシデントが起きた後に対策をするというのは正直遅いと言える。標的型サイバー攻撃はメールなどを介しても攻撃を仕掛けることがあり、メールに関してもより一層扱い方に気をつける必要があるだろう。